FC2ブログ
 5月26日、ボランティアスタッフとして、写真展のお手伝いに参加させていただきました。

 「アジアの子供たち」 という写真展です。

 私がこの春からサポーターをしている、認定NPO団体「日本雲南聯誼協会」の他に、
カンボジア、スリランカ、インドの教育支援団体が主催している写真展でした。
 子供たちの可愛い写真が、たくさん飾ってありました!!


日本雲南聯誼協会
http://www.jyfa.org/


▼写真展の様子

t02200165_0640048011997661004.jpg




 サポーターを始めたきっかけ?

 中学・高校生時代に、フィリピンの男の子、
社会人になってから、アフリカのウガンダの男の子のスポンサーをしていて、
英語で文通していたんです。


 昨年から中国語を勉強しているので、
「中国の子供の里親になって、文通したい!!」
と思い、この団体で「25の小さな夢募金」 というプロジェクトに
参加させていただくことにしました。


 今は、中国・雲南省の高校3年生の女の子のサポートをさせていただいています。
 写真とプロフィールを見ましたが、とても賢そうな、真面目そうな女の子。
民族衣装が似合っていて素敵です^^
いつか会えたらいいな♪


 お手紙は年に2回と決まっているので、まだ書いていませんが(^^;
それまでに中国語をがんばらなくちゃ!


▼「25の小さな夢募金」 のパネル

t02200165_0640048011997661641.jpg


 3日間の写真展のうち、私がお手伝いに参加できたのは、
2日目の夕方の数時間だけなのですが、
協会のスタッフの方、ボランティアの方が、とても親切にして下さり、
雲南省の特徴や、中国語の勉強法のことなど、教えて下さいました。


 また、1日目のお昼休みに、少しだけ会場を訪れ、
協会の理事長とお話することができたのですが、
理事長は女性の方で、とても礼儀正しい方・・・という印象でした。
 「ボランティアをして下さって、ありがとうございます」と、
にこやかな笑顔で手を握って下さいました。
 美しい日本語を話す方でしたが、何と!雲南省出身の中国語の方だそうです!
 愛の心にあふれた理事長さん、団体だな・・・と思いました^^
スタッフの皆様にお会いできて、とてもよかったです。



 雲南省には、25の少数民族が住んでいるそうです!!
 みんな、言葉(方言)が違って大変でしょうね・・・
だから、共通語としての普通中国語(Mandarin)が重要なんですね。


 雲南省には、回族と呼ばれるイスラム教を信仰する漢民族が住んでいること、
ベトナム経由でフランス人の宣教師が入ってきたため、
クリスチャンが多いこと・・・なども、初めて知りました^^



▼雲南省の地図のパネル

t02200165_0640048011997662321.jpg


▼今回、私がとても気に入ってしまったのが、この写真!!

t02200165_0640048011997661941.jpg


 女の子たちの、はにかんだような笑顔が可愛い^^
 民族衣装が、とてもすてきです。


 私は2010年に、広東省深圳市の「少数民族博物館」に行ったことがあるのですが、
そこで、中国に住む様々な少数民族の家や衣装を見て、大好きになってしまいました!!
あのテーマパークは、また行きたいですね!!


 中国は経済的にとても発展していますが、
上海や北京などの大都市とは対照的に、農村には政府の援助がなかなか行かず、
貧困のなかで暮らしている子供たちがまだまだ多いと聞きます。


 こんなに素敵な民族衣装の文化を持つ子供たち。
自分の民族に、誇りを持ってほしいな。



 続いて、上は、3月11日の東北大震災の時に、
雲南省の子供たちが東北地方の子供たちに届けてくれた、
カードやプレゼントなどの写真のパネルです。

t02200165_0640048011997661287.jpg


 「日本雲南聯誼協会」は、中国の雲南省に小学校を作るプロジェクトを進めている団体ですが、
このパネルをみると、雲南省の子供たちが、日本の子供たちを本当に心配してくれて、
心からメッセージを送ってくれたことがよく分かりました。


 日本のメディアで報道される中国は、「反日デモをする大学生たち」など、
どうしても偏りがあるように私は感じてしまう。
 私の周りにも、中国に良いイメージを持っていない日本人も多いです。


 だからこそ、こういう雲南省と日本の友情のことを、もっと多くの人に知ってほしいと思いました。
 支援する側と支援される側は、対等な関係だと感じます。“困った時は、お互い様”!
 「日本雲南聯誼協会」の活動を通して、日中の平和な関係が実現されればいいと願います。




▼あっ、これは、お隣のブースの、インド人の子供たちのパネルです!

t02200165_0640048011997662611.jpg


▼左の男の子、目がキラキラしていて、笑顔が明るい!かわいい^^

t02200165_0640048011997662980.jpg



 私は塾の講師をしているので、毎日、日本人の子供たちと会うのですが・・・

 日本でも外国でも、子供たちの笑顔の輝きに、あまり違いはないように感じます。



 しかし、こんなbeautifulな笑顔の、カルカッタの子供たち・・・
 両親に捨てられた、両親が離婚して、父親が出て行ってしまった、
母親が病気になり、自分も数年後には失明してしまう・・・など、
信じられないほど、悲しい環境に置かれている子供たちばかり。

 この明るさ、まぶしくて美しい笑顔は、どこから来るのだろう。


 そして、この写真展の中で、吸い込まれるように見てしまった、一枚の写真。
 左の、教室のドアからのぞいている、小学校1年生くらいの子供たちの笑顔。

t02200165_0640048011997663290.jpg



“Poverty stole your golden shoes
It cannot steal your laughter”

貧困は、あなたの黄金の靴をうばったけれど、
あなたの笑い声まで、うばえない



 私の好きなJewelというアラスカのシンガーソングライターの詩です。
 貧困の中で暮らす子供たちの人生は、苦労が多い、という人もいます。
 けれど、彼らの笑顔の輝きは、貧困でさえ、うばうことができないのです。
 そして、どんなにお金をつんだって、彼らの笑顔を買うことはできない。 
 私達の誰もが、その輝きを心の中に持ち続け、それを磨くことに一生を捧げているのではないだろうか・・・と感じました。


 子供たちの笑顔の輝きに、未来と希望を感じました。
 雲南省、インドのカルカッタ、カンボジア、スリランカの、美しい笑顔の子供たちに出会わせて下さった、神様に感謝^^



スポンサーサイト



2012.05.28 Mon l 未分類 l COM(0) l top ▲