FC2ブログ
私は大学2年生の時、国際青年赤十字の語学奉仕団という所で、
英語と日本語の同時通訳のボランティアをしていました。


 残念なことに、その時のお友達とは、ほとんど
連絡が途絶えてしまったのですが・・・
 今年になってから、とても嬉しいことが!


 語学奉仕団時代、一緒に通訳をしていたお友達が、
最近、このブログを読んで下さっているのです^^


 今では私は、もう赤十字のボランティアはやめてしまいましたが…
 とても懐かしく、嬉しくて、胸の奥にしまってあった
赤十字での大切な思い出を、たくさん思い出しました・・・。


 あの時、赤十字で経験したことは、今でも私の人生の
貴重な財産になっていて、私を支えてくれています。
 今日は、その時のエピソードを紹介したいと思います。



 私が「赤十字でボランティアをしよう!」と思ったのは、
大学2年生の4月、週刊Student Timesという新聞で、
ボランティア団員募集の広告を見かけたことがきっかけでした。


 同時通訳や、世界の平和に貢献するお仕事に興味があったし、
自分も勉強しながら、誰かの役に立てればいいな・・・と思って、
申し込みました。
 TOEICの点数(当時は700点代だったかな??)を提出したり、
入団に当たって英語のテストもあったりして、最初は緊張しましたけどね(^^;


 最初は、日本語の絵本を英語に翻訳するのを手伝っていましたが、
そんなある日(5月だったかな)。

「8月に、青年国際シンポジウムが開催されるので、
同時通訳ボランティアを募集します!」

というニュースが届きました。



 4泊5日、山中湖の近くの宿舎で開かれるというシンポジウム。
 日本人の赤十字に所属する青年達(ほとんどは高校生)と、
インドネシア・オーストラリア・コートジボワール・ドイツ・フィリピン・
レバノン・ロシアから各国1人ずつ派遣された代表の青年が、
平和問題について話し合い、赤十字として何ができるかを考える、
という内容のもの。


 会議は英語で行われるので、ボランティアの私達は
日本人の青年たちのために、日本語と英語の同時通訳をする、
というわけです。


 このイベントに申し込んでからというもの、赤十字での活動が、
とても楽しくなりました^^


 すごく良かったなぁ・・・と思うことは、青年赤十字団員の方達と共に、
私達ボランティアも、赤十字の理念について研修を受けられたことです。



 スイス人のアンリ・デュナンさんが設立した赤十字。
 「中立」をモットーとし、いかなる人種、宗教の人も差別せず、
人道的な立場から救援の手を差し伸べること。


 特に、

 「自分と異なる宗教を持つ人を笑ってはいけない。
 例えば、イスラム教徒の人達は、毎日5回、膝をついて
メッカの方向に向かってお祈りをするが、
彼らを見て笑ったりバカにしたりするのは、すごく失礼。
 また、宗教が原因で食べられない食べ物を、
無理強いするのも言語道断。もってのほか。」


・・・こういう話を聞いておいて、よかったなぁ・・・と思いました。


 日本の学校って、地理の授業で世界の宗教について
勉強したりしますけど、
じゃあ、いざイスラム教徒やヒンズー教徒の人が身の回りにいたら
どう接すればいいか?ということは、あまり教えないですよね。



※余談ですが、私の塾の生徒さんの中に、
修学旅行でマレーシアに行く高校生がいて、
彼は上記と同様のレクチャーを担任の先生から受けたそうです。
 国際的な視点を持っており、とても良い教育をしている学校だと思いました^^



 国際化国際化、とメディアはいいますが、
ただ単に英語を勉強すればいいという短絡的な問題ではなく、
日本の学校も、こういった視点から物事を教えていくべきだと思います。



 シンポジウムは、朝から晩まで、ディスカッションしたり
ディベートしたり、ビデオを見て感想を発表したり・・・
とにかくすごかったです。
 日本語と英語をしゃべりすぎて、毎日頭フラフラでした(笑)



 けれど、その時参加していた青年赤十字の皆さんが、
本当にフレンドリーで素敵な方ばかりで・・・・・・^^


 彼らのほとんどが、高校2・3年生でしたが、当時の私は大学2年生。
 年齢的にも、すごく近いはずなのですが、
聡明で礼儀正しい方が多く、尊敬のまなざしで見てしまいました。


 赤十字の団員さんだけあって、皆さん、世界の平和に
貢献したいという意識とmotivationが、すごく高かった。 
 議論する時に、まずは他人の意見を黙ってしっかり聞き、
感情的にならずに、忍耐強く見解を述べ、
相手に恥をかかせないように気配りする姿勢を
自分も見習いたいと思いました。


 さて、その時に通訳をしたディベートのうち、
最も印象的で、今でも強烈に覚えているテーマが、2つあります。

 それは、

1.平和貢献活動団体として、赤十字とNGO、どちらが優れているか?

2.自分の祖国を離れてまで、戦争が起こっている地域にボランティアに行くべきか?

というものです。




 私は、まず、1番のテーマを見て、あっけにとられました。

 だって、赤十字の団員さん達が、赤十字と他のNGO団体の優劣を
比べなきゃいけないのです(笑)
 このテーマを青年団員さん達に話し合わせる、赤十字の幹部の人達。
 頭がいいというかradicalというか・・・
 もう、すごい!!と思いましたね。



 ディベートは、くじを引いてチーム分けをしました。

 面白いな・・・と思ったのは、
「他のNGO団体の方が、赤十字よりも優れている」
と主張しなければいけないチームの皆さんの意見。


 彼らは、「中立」という理念によって縛られる、
赤十字社の限界について、鋭く突っ込んでいました。



 例えば、赤十字社って、地雷の撤去活動に参加してはいけない、
という、おかしな取り決めがあるんです。


 「地雷を除去する=特定の国を批判する行為」
と受け取られてしまい、「中立」という理念に反するんですね。


 そのため、赤十字社にできることは、地雷で傷ついた人たちの
傷の手当てをしたり、義足を寄付したりすることだけ。
 地雷の撤去活動は、基本的に、やってはいけないことなんです。


 このことについて、「NGO側」の皆さんが、

「こんな馬鹿げたことはない!赤十字も地雷撤去活動をするべきだ」

「地雷撤去は人道支援ではないのですか?」

と批判していました。




 自分の所属する団体のやり方を、
全面的に丸のみして何の疑問点も持たないよりは、
何に対しても常に批判的視点を持つことがいかに大切か、
このディベートを通して学ばせていただきました。


 このディベートの後、まとめとして、私達はあるビデオを見ました。
 それは、南米ボリビアに複数存在しているゲリラグループと
和解に努める、赤十字社、そしてNGOの姿を、同時進行で追った、
ドキュメント番組(英語)でした。


 NGO団体は、ゲリラグループとガンガン交渉していくのに対し、
赤十字は、ゆっくりゆっくり、10年のスパンで時間をかけて
和解していく・・・という内容だった気がします。


 映像を見た後、赤十字の幹部の人が出てきて、
青年達に、まとめの演説をしていました。


「赤十字は、“中立”をモットーにしています。
この“中立”の理念のために、活動を制限されることもあります。
世界には、私達以上に優れた活動をしているNGO団体も、たくさんあります。
 しかし、私達・赤十字にしか出来ないこと、
赤十字だからこそ出来ることも、たくさんあります。
 私達は赤十字団員として、自分たちの活動に誇りを持ちましょう。」


 まぁ、何とClearで分かりやすい・・・・・・!!


 自分の団体の良い点と足りない点を客観的に分析し、
他の団体の良い所にも目を向けなさい、という教育。
すごいと思いました。


 一方、

2.自分の祖国を離れてまで、戦争が起こっている地域にボランティアに行くべきか?

というディベートも、かなり盛り上がりました。


「戦争地域で被害にあっている人達を、
一刻も早く助けにいかなければ・・・!!」

という意見もわかるし、

「いや、自分の国の自分の家族を捨ててまで
危険な地域に行くべきなのか?
遠くの人よりも、まずは自分の家族を守ることが
大切ではないですか?」

という意見も正しい。

 どっちも正解で、どっちも間違っていない・・・。
 こういう命題に対して議論をすることは、大切だと思いました。


 赤十字で教わったことって、まだまだ書ききれないくらい
たくさんあるのですが、
この2つのディベートについては、私、今でも覚えています。


 ちょっと時間がないのでまとめに入りますが(笑)
学生時代に、こういう活動をさせてもらったことに、
今でも感謝しています。


 そして、ボランティアに行かせてくれた自分の家族や、
もちろん、自分の大学にも感謝したいと思います。


 赤十字は、大学での活動ではありませんでした。
 でも、私があのシンポジウムで、同時通訳のような大切な仕事を
させてもらえたのは、
大学で受けてきた英語教育と、大学の英語の先生達のお陰であり、
一緒に勉強してくれた大学時代の友達のお陰だとも思います。


 そして、個人的なことを言うと、
実は、あのシンポジウムに参加したことがきっかけで、

「自分は同時通訳者には向いていない」

と気づいて、教師を目指すきっかけにもなったんです^^


 機会があれば、赤十字社で出会った青年団員さん達についても、
書きたいと思います。
スポンサーサイト



2012.02.13 Mon l エッセイ l COM(0) l top ▲