FC2ブログ
 This is a poem that I wrote last night.
 My friend told me a story, and the story inspired me to write this poem.



The Strongest Child in the World



This is a story which happened before you were born.
You lived in heaven
And you were just about to appear on the earth
To start a bright new life.
You said; "God, I want to be the strongest child in the world.
Please give me the valuable mission."

And then, God said to you;
"In order to live as a strong person,
You have to bear the heavy burden.
Is that all right?"

"Yes, God. I'm prepared.
I want to be strong
so that other children can live happily."

"Okay.
Then, I will give every child
their gifts and challenges.
The heaviest difficulty and the largest pain
Shall be given to you.
At the sacrifice of every other child,
Will you carry the huge burden all your life?"

"Let me try, God.
A cross can cause us pain.
But it can save people as well."
Saying so, you made up your mind
To carry the heavy burden and the serious disease.

After a while, you were born.
You were not physically perfect.
You were sick, very week,
And you needed help from your family and friends all the time.
It seems that you were weaker than anybody,
and you were more fragile than anybody
Who has to be protected and cared, all the time.


But I know
That you are the strongest child in the world.
The true strengh is to know the pain of those who are weak.
Not for an achievement,
Not for a fame,
But you stood up for righteousness.


I don't want to be strong
Because I don't have a brave heart
To learn the same big pain as the child's.
God, I'm such a weak small coward.
However, if I can carry
Just part of the child's burden,
If I can reduce
Just a small part of the child's pain,
Let me share it please.


The child and I were born to the different places
But I'm able to pray for the child, aren't I?
I don't know and will never know the same pain as the child,
But at least, I can live together with the child hand by hand,
Can't I?

I believe
You have a big plan
In that we were born
To this world


*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*


 これは、昨日私が書いた詩です。
 友達が話してくれた物語を思い出しながら、自分の気持ちを詩にしました。


 


世界中でいちばん強い子


これは、きみが生まれてくる前の話。
君は天国に住んでいて、
新しい命を輝かせるために
今にも地上に舞い降りようとしていた。
きみは言った。
「神様、私、世界でいちばん強い子になりたいです。
尊い使命を、私に与えて下さい。」


すると、神様が言った。
「強い子として生きるためには、
重い宿命を背負わなければならない。
それでも、いいかい?」

「だいじょうぶです、準備はできています。
私、強くなりたいんです。
他の子供たちが、幸せな人生を生きられるように。」


「わかった。
それでは、これから全ての子供たちに
賜物と重荷を与えようと思う。
最も重い試練と、最も大きな苦痛が
きみに与えられるようにしよう。
一生その大きな重荷を背負うことができるかい?」


「やってみます。
十字架は、人々に痛みを与えることもあるけれど
人々を救うこともできますから。」
そう言って君は
最も重い宿命と、最も重い病気を
背負うことを決意した。


やがて生まれてきた君は
五体満足ではなく
とても弱く、重い病気を抱え、
常に家族や友達の助けを必要としていた。
きみは誰よりも弱く、
いつも守られるべき、脆い存在に見えた。


でも、私は知っている。
あなたが、世界でいちばん強い子だということを。
真の強さとは、弱い人の痛みを知ることを言うのだ。
達成感を得るためでも
名声を勝ち取るためでもない。
あなたは、正義のために立ち上がった。


私は、強い人間になど なりたくない。
あの子と同じ痛みを知る勇気など
私にはないのだから。
けれど、もしも私が
あの子の重荷のほんの一部でも背負うことができるなら
もしも私が、
あの子の痛みのほんの一部でも減らすことができるなら
それを私に分けてほしいのです。


あの子と私は、違う世界に生まれてきました。
それでも、私はあの子のために、祈るくらいのことはできるでしょう?
私はあの子と同じ苦しみを知らないし、この先知ることもない。
それでも、あの子と手を取り合って、一緒に生きることなら、
できるでしょう?

私達が生まれてきたことには
大きな意味があることを
私は信じています。
スポンサーサイト



2010.02.01 Mon l 未分類 l COM(0) l top ▲