FC2ブログ
51O2B8K5KqiL__SL500_AA240_.jpg



日本語 → English


 最近ハマっている本を紹介します。


 この物語は、人生に挫折して傷つくけれど、
自分の力で再び這い上がっていく、キャリアガールを描いています。


 ケイティは、朝の人気テレビ番組の司会を務めるアナウンサー。
 ある日彼女は理不尽な理由でクビになり、
彼女の後輩のキーラが代わりを務めることになります。


 ケイティは大ショックなものの、何とか明るく、おちゃらけムードに
ふるまって、笑い飛ばそうとします。
 でも、そんなこと出来るわけもなく・・・ワーッと泣き出してしまう。
 クビになったことだけでなく、若い後輩にポジションを奪われてしまったことが、
彼女のプライドと自尊心を、ひどく傷つけてしまったから。
 彼女は、田舎の両親の家にしばらく住むことに。
そして、ゆっくりする毎日が始まります。
 彼女の家族は、始め、どうふるまって良いか戸惑いますが、
彼女を温かく受け入れ、見守り、幸運を祈るようになります^^


 さて一方、キーラは人生の絶好調。
何も考えてないフリをしつつも、ケイティから勝利を奪ったことで
内心ガッツポーズ。
 ただし、問題は、彼女がそれほど才能はなく、
ただ運だけでこのポジションをつかみとっただけであり、
たったひとつの長所は「外見が可愛い」だけだということ。。。。

 時間が経つほどに、彼女の化けの皮がはがれ始め、
次第に彼女の栄光は薄れていきます。。。
 そしてある日、起死回生をかけて、
彼女は一か八かの賭けに出ることを決意します・・・・・・・・・ 


 初めて読んだ時、「ブリジット・ジョーンズの日記」に似てる!!
・・・って思いました。
 うん、たしかに、2つの作品はよく似てるかも。。。
 作者さんの文章の書き方が、明るくてリズミカル。
ケイティは、とても大変な立場にあるにもかかわらず、
文章全体の雰囲気が明るくて元気なんだよね♪


 そして、ケイティもキーラも、魅力的だと思う。
 ほら、普通は、キーラみたいな“ブリっ子”っぽい女の子って、
男の子に好かれても、女の子には嫌われますよね??(笑)
 でも、彼女もまた、心に弱さや孤独を抱えていて、
そんな彼女を、私はとても人間的だと思うの。


 ケイティとキーラ、どっちが自分に似てると思う??
 私の場合は・・・・・・絶対にケイティ!!
 だって、私、負けず嫌いだから(笑)
 他の人が「そんなの無理だよ」とか、「やめときなよ」と言うと、
ますますムキになって頑張ってしまう。。。
 友達に弱みを見せるのが好きじゃないけど・・・・
でも、いつも失敗して大泣きしてしまったり。。。
結局は弱いの! で、泣きながら「絶対に負けない」とか、
決意を固めるタイプ(笑)。。。
 アハハ!! 私とケイティは、似てるかも^^
 みんなは、どうですか??

 
 失敗して心を打ちのめされても、絶対にあきらめず、
何度も努力して、壁を乗り越えていく強い女の子が出てくる物語、
私は本当に大好きです。


 イギリスのチャーミングなスラングが散りばめられた、
言葉づかいも、とてもオシャレな小説です♪


 いつか、映画化してほしいな☆


☆★☆★☆★


 Recently I've been into this novel.

 It's a story of a strong career girl, who fails and climbs up
on her own.


 It starts from the scene when Katie, an anchor of popular breakfast show,
is fired one day, and replaced by a young back-stabber, named Keera.


 Katie is of course shocked, but tried to be cheerful, humorous,
even laugh it away.
However, she cannot, and burst into tears.
Not only being sacked, but also the fact that the younger immature Keera
took her place instead deprives her of her pride and self-confidence.
She goes back to her parents' house in the country,
and started a quiet relaxing life.
Her family are at first confused how to behave, but accept her
and watch over her, wish her well.
 And one day, amazingly, she meets a boy, who will change her life.


 On the other hand, Keera is in the best condition in her life.
She's pretending not to notice anything,
but in her mind, she is raising her fist in triumph against Katie.
 But the problem is・・・she is a kind of a girl,
who is not so talented, but won the position just by luck,
and her only good point is being good looking.

 As time passes, Keera's glory clearly starts to fade,
and one day, she makes up her mind to fight
the dead-or-alive(do-or-die) battle・・・


 First when I started reading it, I thought this is a kind of
the second "Bridgit Jones's Diary".
 Yes, the two books are much alike!!
 The author has a cheerful, rhythmical touch.
Even though Katie is in a hardship, the whole atmosphere is
always bright and cheerful.


 And both Katie and Keera are attractive.
 You know, most of the time, such a coquettish girl like Keera
is hated by girls and liked by boys.
 But also she has something weak and lonely in her mind,
and that makes her more human.


 Which girl is close to me, Katie or Keera??
 The answer is・・・Katie, absolutely!!
 I really hate to admit defeat. When somebody says it's impossible
or tells me to stop it, I get all the more angrier and works hard.
 I also don't like to show my weekness to my friends,
・・・but always fail and burst into tears...
Eventually, I'm weak And saying "I'll be never broken"
with tears in my eyes!!
Hahahaha・・・I and Katie have much in common^^
 How about you, everybody??


 I really like the story of a girl who fails and is completely beaten
but gets over the difficulties strongly, never giving up, try again and again.


 Besides, the vocabularies in the novel is so charming
Come to think of it, I always read books by American authors.
(The only British novel I have read is maybe・・・Harry Potter)
 There are some British slungs in here
so neat and fashioable
Wits and humors scattered all around・・・
Brush up my vocabularies


 I wish this novel will be made into film someday☆
スポンサーサイト



2008.08.29 Fri l 小説 l COM(0) l top ▲