FC2ブログ
 ちょっと古いコンサートの思い出を紹介。

 2007年7月21日に、東京国際フォーラムにて行われた、
「のだめカンタービレ・オーケストラ」によるコンサートのリポートです。





 『のだめカンタービレ』。
 それは、ある日父が 「面白い漫画を見つけたよ」と買ってきた、
クラッシック音楽や音大生の青春をテーマにした少女漫画。

 普段、ラブコメディなんて絶対読まない父が、突然、少女漫画なんか買ってきちゃって、
「お父さん大丈夫?」と、当初は面食らったものの、
その漫画があまりに面白かったので、家族中で熱に浮かされたようにハマりました。

 クラッシック音楽は大好きだし、あと、ヒロインの「のだめ」ちゃん、
キャラが何となく私に似てます(笑)
 あの、本人は超真剣だけど、周りから見るとメチャクチャ・・・という所に、
物凄いリアリティと親近感を感じるのですが…。
 お友達にも「あなた、のだめっぽい」と言われたことが何度かあって、
素直に嬉しかったなぁ(笑)。


 今回のコンサートは、昨年ドラマ化した時に放映された、
「のだめ」にちなんだ曲を、トークやショートドラマを織り交ぜて演奏してくれるという内容。
 どの曲も素晴らしくて、思いっきり楽しめたけど、中でも私が特に気に入った曲を紹介します♪


♪ベートーヴェン「交響曲第7番イ長調作品92 第1楽章」
 主題に男らしさを感じさせる、貫禄十分な楽曲。
これを聴くと、気分はスーパースター。


♪ストラヴィンスキー「ペトルーシュカからの3楽章より」
 今回のコンサートonlyの特別ヴァージョン、ということで、
NHKの「今日の料理」のテーマがリミックスされていた。
これが、スラブ舞踊曲のリズムに不思議と合うんですね。新感覚。


♪ドヴォルザークの交響曲  

 正確なタイトルは忘れてしまったけど、チェコに寄せて作曲された曲。
ドヴォルザークらしい、清新で優美な、「ユーモレスク」っぽいメロディ。
 渡米経験もあり、人一倍祖国を想っているであろう、彼。
 自分の国をここまで誇れるなんて素敵。
 この曲の演奏中、両側のスクリーンにプラハの街並みが映し出されたが、
去年旅行で訪れた所だったからすごく懐かしかった。


♪モーツァルト「2台のピアノのためのソナタ ニ短調 第1楽章」

 モーツァルトの曲って全部そうだけど、この曲もバランス感覚が冴えまくっていた。
 プラスにもマイナスにも極端に突き進まず、正と負の均衡を絶妙なバランスで
保っている感じ。そこに天才の知性と、神の領域に近い聖なる魂が垣間見えると私は思う。

 ピアノって、1台あれば十分素晴らしい音楽を奏でられる楽器なのに、
この曲は2台も使っている。言わば、

「毎日やりたいことがありすぎ!!」
「一日が24時間じゃ、全然足りない!!」
「よーし、じゃあ48時間にしちゃえ!!」

という、夢と創造性いっぱいの人間の願いを見事に叶えてしまった感じの、
ダイナミックな曲。重厚なメロディーは、2台のピアノの音色が、
お互いにお互いをカバーしているから。
まさに、「かゆい所まで手が届く」感覚。
(←言葉の使い方、合ってるかしら?笑) 
思いっきりパワーをもらいました♪


♪「おなら体操」 

 原作の漫画にも出てくる、のだめちゃん作曲のファンキーな一曲。
 コンサートでは、可愛いマングースの着ぐるみさんと、
会場に来ていた子供達も一緒に大合唱。
 音楽って、みんなで心を一つにして一緒に楽しめるから、いいよね。





 伝統的なのに聴くたびに新しい クラッシック音楽のパワーに、
エネルギーをいっぱいもらえたコンサートでした。
 願わくば、のだめちゃんのように、いつまでも感動する気持ち、
少女の気持ちを忘れない乙女でいたいものです。

スポンサーサイト



2008.05.06 Tue l 音楽 TB(0) l top ▲
RZCD-45797.jpg


Yesterday and Today were very special days for me.
One of the biggest thing is, I went to Tohoshinki(東方神起)'s concert
with my best friend.


  Tohoshinki is one of my favorite chorus groups,
who are originally from Korea, and now so popular here in Japan.
They sing in Korean, Japanese, English, Chinese
and popular in a lot of countries in Asia.


  My friend knows only a couple of songs of theirs.
Compared to me, who checked out every single video clips,
it was totally the first time for her to see their performances.
But after the concert, she told me not only she likes their songs,
but also their personality is so gentle and polite!!
That's because they repeated the word "Arigato" again and again
between the songs.


As a big fan of them, I totally agree with her opinion.
Their beautiful chorus and smiling faces still stay in my heart.
Their songs are like sunshine to melt the ice in my heart
(just like their song!!)
Cannot tell how much I appreciate them, how much I like them.
And I'm so happy to be there with one of my best friends,
share the precious moments.

Here are my coments on the whole stage**




♪TRICK
The opening theme. So stylish!!
I wanna see the next story of the spy movie on the screen.
So cool!!

♪Choosey Lover
The song through which I knew them for the first time!!
One of my favorite dancable tunes. Their dances were terrific!!

♪Song for you
Gentle melodies like spring breeze.

♪You're my miracle
I like the Korean version too!!

♪NO?
Sophisticated and sexy tune!!

♪DARKNESS EYES
The floor on the stage moved like an elevator.
Their dances were perfect!! Songs were so emotional.

♪Purple Line
The more I hear, the more I like this song!!
Positive messages give you power.
U-know's dance and rap were sooooooooooooo awesome!!

♪Day Moon(ハルダル)
Wow!! What happened to Chanmin!! I'm curious!!
In the screen video, his girlfriend(?) pushed him and ran away...
It's amazing everybody in this group is good at acting
with facial expression!!
The song was so dramatic.

♪Lovin' you
Je-jung's voince was beautiful. I was about to cry!!
Everybody in the hall was silent and fascinated by his voice.

♪Forever Love
Their chorus was perfect!!

♪CLAP!
Before the performance, we saw a video on the screen in which
they stamped and clapped rhythmically. That excited audience a lot!!
Yu-chon was so mannish(energetic)!! Cool!!

♪Rainbow
Quiet music like spring breeze again!!

♪明日は来るから
I cannot tell how terrific it is!!
Jun-su's vocal in the clymax almost made me cry...
I like Chanmin's solo part, too.
One of the greatest performances I've ever heard in my life!!

♪LAST ANGEL(TOHOSHINKI version)
This one is also so stylish!!

♪SHINE→Somebody To Love
Wow!! The first song changed to the second song brilliantly!!
Didn't expect at all!!


♪High time
Tune from their debut album. Fashionable!!


♪Rising Sun
One of their most passionate songs!! We had fireworks!!
Both songs and dances were sooooooooooooooooo gorgeous!!


*アンコール

♪Summer Dream
Jun-su's pose was soooooooooooooooo cute
(I remembered "Baloon"'s video clip)
I wanted to dance with them


♪Beauriful you
New song which will be on sale next month!!
Sounded adult like jazz music.


♪Together
This song always makes me happy Cannot stop smiling.
Tohoshinki and us audience got TOGETHER with this song.

♪Love in the Ice
Very last song. I was almost crying.
Their songs had souls to touch me.


*their joke & MC collection*

★Plastic Surgery
  Jun-su asked Chanmin, "why don't you get facial plastic surgery?",
and Chanmin answered back,
"I'm proud of my parents, and I think I don't have to change my face" or something.
   Why does he have to get plastic surgery!!?? He's already handsome!!

★1,2,3!! 4,5,6!! 7,8,9!!
  Jun-su, Je-jun, and U-know imitated the comedian(Nabeatsu san)
and made everybody laugh.  I love U-know's Blues Lee!!

★CHARISMA!!
  Jun-su showed us charisma a lot here!!

★Shikoku and Shigeki?
  Their Japanese language is perfect, but sometimes
somebody makes a funny mistake.
Maybe Je-jun tried to say "shigeki wo kureru", but he said
"shikoku wo kureru" and everybody laughed a lot.

★Who is the most handsome guy??

  ↑This topic is the most difficult question.
  I am Chanmin's fan, and my Mom is U-know's fan.
We sometimes have an exciting arguments to discuss
which is more handsome boy.(lol)
Well, when I asked my friend who she likes best,
she said U-know!
Wow!! U-know is popular everywhere around me!!


****

Actually, I have a lot more things to write here,
but I'll stop now. (It's already late)
Ask me questions if you have any!!


Tohoshinki's music always brings light to me. Spring is here.
2008.03.21 Fri l 音楽 l COM(0) TB(0) l top ▲
 クリスマスにちなんで、キリストの生き方について考えさせる音楽と本の
つれづれエッセイ、第2弾です




one of us


♪“One Of Us”  by Joan Osborne

If God had a name, what would it be
And would you call it to His face
If you were faced with Him in all His glory
What would you ask if you had just one question

What if God was one of us
Just a slob like one of us
Just a stranger on the bus
Trying to make His way home
Back to Heaven all alone
Nobody callin’ on the phone
‘Cept for the Pope maybe in Rome

(日本語訳)
もしも神さまに名前があったとしたら それはどんな名前で
あなたはその名前で彼に呼びかけるのかしら
もしも天上の栄光に包まれた神さまと向き合ったとして
たった一つ尋ねたいことがあったなら あなたは何て聞くのかしら

もしも神さまが私達の一人だったなら
私達の一人のような グズでのろまな人間だったなら
家に帰ろうとしてバスに乗っている
ただの見知らぬ人だったなら
たった一人で 天国へ帰ろうとしていて
誰も電話をかけてくれない 
多分 ローマにいる法王以外には




 私が初めてこの曲を聴いたのは中学3年生の時だ。

 「もしも神さまが普通の人間に姿を変えて、誰にも分からないように
私達と一緒に暮らしていたら、…?」

 それまで考えてもみなかった、とても空想的な世界観を描いた詩に、
たちまちのうちに私は夢中になっていた。

 宗教的な事柄について、こんな風に考えるのは不謹慎かもしれないけれど、
学校帰りにバスを待っている時、私の並んでいる列に、
もしかして人間に変身した神さまも並んでいるかもしれないと想像してみたり。
 家に帰ったら神さまも、私達が友達同士でするのと同じように
ローマ法王と電話でおしゃべりして、お腹を抱えて笑っているかもしれないと考えたりして。
 オチャメなヒゲをはやしたおじいさんみたいな神様の空想に耽り出すと、楽しくて止まらなくなった。

 そして、この詩に描かれている、まるで人間みたいな神さまをとても愛おしく思い、
心が温かい気持ちに満ちていった。
 もしも彼に顔があるとしたら、とても優しい目をした、笑顔の素敵な人だろう・・・。
そんな風にも思った。

 大学生になって、改めてこの詞を読み返した時に、
“Just a slob like one of us”というフレーズが妙に心に引っかかった。
 中学生の時には気にも留めなかったけれど、
“slob”という単語は、確か「間抜けな」というような、悪い意味ではなかっただろうか。
 辞書を引いてみると、やはりそこには「だらしのない人、のろま」と書いてあった。

 「素晴らしい、偉大、輝いている-。」
 美しい言葉で神を讃える詩や讃美歌なら、いくつも知っている。
 それなのに、こんな風に(どちらかというと)否定的な言葉で神を表現するなんて…。
 私にとっては、それは大きな衝撃だった。
 それと同時に、不思議な感覚と共に、ふっと心に浮かんできたものがある。
 それは、宗教的な題材を取り扱った、ある2冊の小説だった。
その2冊の小説に描かれた神さまは、“One Of Us”に描かれている
「のろまな神さま」に、少しだけ似ていると思ったのだ-。

 1冊目は、アメリカの作家、ノーマン・メイラーの「奇跡」。
 この小説は、「私」(=イエス・キリスト)が自分の生涯について語る-という、
いわゆる私小説の形式をとっている。
 まさか聖書や宗教書以外に、イエスの生涯について詳しく書いた本、
それも「イエス自身の自伝小説」なるものがこの世に存在するなんて驚いたけれど、
それよりももっと衝撃を受けたのは、この小説に描かれている、
正直者で優しい、普通の人間と何ら変わらない、素朴なイエスの姿だった。
(物語は、大工として職人修業を積んでいる普通の12歳の少年イエスが、
ある日父ヨハネから「おまえは実は救い主として生まれたんだ」と聞かされ、
「えー!?ホントですか!?」と驚く場面から始まる。
とても斬新な小説です。興味のある人はぜひ読んでみて下さい☆)

 もう1冊は、遠藤周作の「沈黙」。
これは、中学生の時に夏休みの聖書の宿題で読んだ作品。
 主人公は、キリスト教が禁止されている時代の日本に潜入した、ポルトガル人の司祭。
 多くの日本人クリスチャンが踏絵を強いられ、殉教していくのを目の当たりにしながら、彼は

「このような状況を前に、神はなぜ沈黙されているのか」

という大きな疑問を抱え、苦しみ続ける。
 そして最後、彼自身も奉行所に強いられ踏絵を踏むことになる。
 それまで、「何よりも美しい」と信じてきた神を、踏絵という行為により
汚し、裏切ることに、重い痛みを感じる彼だったが、
踏絵の瞬間、踏絵の中のイエスが、彼にこう語りかける。

「踏むがいい。私はおまえ達に踏まれるため、この世に生まれ、
おまえ達の痛さを分かつため十字架を背負ったのだ」・・・と。

 司祭はその時初めて、
「神は沈黙されていたのではなく、私達と共に苦しんでいたのだ」
と悟るのだった-。


 この2冊の小説に描かれた神は、決して全能ではない。
けれど、まるで人間のように、弱さと優しさを抱えている。
それを、とても印象的に思った。


「もしも本当に神が存在するのなら、
どうして世界から悲しい出来事がなくならないのだろう-?」

 …きっと多くの人が、その疑問を持ったことがあるだろう。
 私はと言えば、受けとめられない現実にぶつかった時に、何度もそう考えた。
 神さまなんていないんじゃないか-。そう思うほど絶望したこと、自暴自棄になったこともある。
 けれどその問いかけに対する答えを、今なら少しだけ理解できると思う-。


 終わらない悲しいニュース。酷い事件ばかりの毎日の現実。
 だけど神さまは薄情者なんかじゃない。
 神は確かにこの世界に存在していて、全てを知っている。
 私達が泣いている時、一緒に涙を流すために、そばで見ていてくれる。
 苦しみを一緒に背負おうとしてくれる存在がある時、人は何倍も強くなれる。
 そういうことを、この2冊の小説は言いたいのではないかと思う。


 だから、今“One Of Us”を聴いて強く思う。
 この歌の中の神様は、まばゆい光に包まれた
目も眩むようなかっこいいスーパースターでもなければ、
大勢の部下(天使達?)を従えて威風堂々としている皇帝のような人でもない。
 朝ご飯のトーストをかじったり、
バスに遅れないように走ったり、
仕事中に愛する人を思い出してふっと微笑みがこぼれたり、
手帳のカレンダーに印をつけて、来週のパーティーを心待ちにしていたりする、
私達と同じように、忙しくて幸せな愛しい毎日を精いっぱい生きていて
周りのみんなに大切に思われている、普通の人間みたいな人なのだと思う。
 同じ人間の立場を知っているからこそ、私達の抱えてる痛みを分かってくれる。
 悲しんでいる人を見ると、自分の事のように涙を流せるほど優しい心の持ち主だからこそ、
人々を深く愛し、心の支えになることができるのだろう…。


 私はそんな「グズでのろま」な神さまを
どんなに強くてたくましくい神さまよりも、とても愛おしく思う。
 そしてもし、その神さまに顔があるとしたら
とても優しい目をした、笑顔の素敵なおじいちゃんだろうと、今でも思っている。
2007.12.23 Sun l 音楽 l COM(0) TB(0) l top ▲