FC2ブログ
51JyqWGkaNL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU02_

"The Undomestic Goddess" by Sophie Kinsella



皆さん、こんにちは!

今日は、私が最近ハマっている小説を紹介します♪



6年前にイギリスで出版された、"The Undomestic Goddess"という小説です。

文字通り翻訳すると“家事ができない女神さま”みたいな感じかしら?




これ、とても面白くて、電車の中で読んでいた時にも、

私は何度か吹き出してしまいました(^▽^)




ストーリーは、有能な若き女性弁護士、Samanthaが、

ひょんなことから田舎で家政婦に転職することになり、

今まで一度もやったことのない

お料理や洗濯、お掃除に、大奮闘を始める…というもの。




弁護士としては有能な、バリバリのキャリアウーマンのサマンサ。

でも、お掃除はおろか、シャツにボタン一つつけられず、

トーストを焼けば黒こげ、漂白剤をこぼして髪の毛が真っ白に変色、

お料理はデリバリーサービスでごまかし、家事は全然ダメ。




けれど、そんな彼女もみんなに温かく見守られて成長し、

新しい恋に落ちるのでした…



ブリジット・ジョーンズの日記や、

以前こちらのブログに書いた“Coming Up Next” もそうですが、

イギリスには、恋に仕事に奮闘する女の子が主人公の、

魅力的なラブ・コメディ小説が、とても多い気がします。

私はサマンサほど頭が良くないけれど、

家事が全然ダメ…と言う所は、自分にそっくり!!

すごく共感してしまいました(笑)




さて、この小説で新しく覚えた言葉に、

curtsy があります。



文脈的に「お辞儀をする」という意味だと思われますが、

YouTubeで調べてみたら、わかりやすい映像を見つけました。ぜひ見てみて下さい!




http://www.youtube.com/watch?v=PIrH2gpt4Ug


ははぁ~~、なるほど! 

これは、現代のイギリスの方も、やらないでしょうね!




この小説、映画化したら面白いと思います!!

設定を日本にして、日本のOLさんのストーリーにしたら、

私が主演女優を務めたいくらい(爆笑)大好きな作品です♪
スポンサーサイト



2012.04.26 Thu l 小説 l COM(0) l top ▲
T0008467.jpg


 This is a human drama film starring Julia Roberts.
 Haven't checked the movie yet,
but now I'm on the way reading the original novel of it.

 A divorced woman, Elizabeth, goes on a one-year trip
to Rome, India, and Bali, trying to get over her lost love.

 I'm still reading the chapters of "Rome".
 The way she talks about her life there is positive,
humorous and rhythmical.

 It's also quite interesting that she describes a lot
about learning Italian language. 

 Her favorite Italian word is "Attraversiamo" ,
which means "let's cross over".

 Not the meaning, but she likes the sound of the word:)
And so she keeps on saying the expression,
which means crossing over the street
again and again and driving her friends crazy!!*lol*

 Also, I like the passage when Eliabeth and her tandem
partner Giovanni are teaching each other the phrases
one uses when trying to confort someone in distress.

 Elizabeth says, “I've been there.”
and Giovanni tells her,

“L'ho provato sulla mia pelle,” which means,
“I have experienced that on my own skin.”

 An Italian guy Giovanni wonders what makes English speakers
think that "sadness" is a kind of "place".

 For English speakers, "depression" is a stage of one's life,
which we go through and gets out of from an exit one day.

 I'm not learning Italian myself, but I'm interested
in the pretty sounds of it which often appear in a book.
Looking forward to reading what's happening to her:)


* * * * * * * * * * * * * * *


 今日は、ジュリア・ロバーツ主演の映画を紹介します。
 私はまだ映画は見ていませんが、原作の小説を読んでいます。

 離婚した女性、エリザベスが、ローマ、インド、バリを
1年間旅して、失恋で負った心の傷を乗り越える、という物語です。
 私はまだ「ローマ」の章を読んでいる途中です。
 彼女のナレーションは、とてもポジティブでユーモラスで、
リズミカル!

 物語の中には、彼女がイタリア語を勉強する場面が
たくさん出てきます。
 彼女の一番好きな言葉は、"Attraversiamo", といって、「道を渡ろう」という意味。
 その言葉の意味ではなく、響きが好きだと、彼女は言います。
そのため、その言葉をあちこちで言っては、道を何度もわたり、
友達に「あなた、大丈夫?おかしいんじゃない?」と言われる始末(笑)。


 もうひとつ私が好きなのは、エリザベスと、
彼女の言語学習パートナーのジョバンニが、
「落ち込んでいる人を元気づけるための表現」を
お互いにイタリア語と英語で教え合うシーン。

 エリザベスは英語で “I've been there.” といいます。
「私もそこへ行ったことがあるのよ。」
=「私にもあなたの気持ちが分かる
という意味。)

 そして、ジョバンニは“L'ho provato sulla mia pelle,” という言葉を紹介。
 これは、「僕もそれを自分の肌で経験したことがある。」
という意味のイタリア語だそうです。

 イタリア人のジョバンニは、なぜ英語を話す人が
「悲しみ」を一種の「場所」のように捉えるのか、
不思議で仕方がない、という感じ。

 英語を話す人にとって、「落ち込み」とは、
人生のステージのようなものなんですよね。
私達はそれを乗り越え、最後に脱出する、
やはり「場所」なんです。


 私はイタリア語を学んでいるわけではありませんが、
この本に出てくる様々なイタリア語の、美しい響きに
心を奪われてしまいます^^

 この先、エリザベスに何が待っているのか、
楽しみです!!
2011.02.19 Sat l 小説 l COM(0) l top ▲
519NjrDGuIL__SL500_AA300_.jpg



 I'm reading a novel titled "The five people you meet in heaven"
written by Mitch Albom(one of my favorite authors).

 Though I'm still on the way reading it,
I already found out that it is really a great one.
 Already met two impressive passages which I can never forget.

 Here are those passages;

 "No life is a waste.
 The only time we waste is the time we spend thinking we are alone."


 "Learn this from me. Holding anger is a poison. It eats you from inside.
We think that hating is a weapon that attacks the person who harmed us.
But hatred is a curved blade. And the harm we do, we do to ourselves.
 ...You need to forgive your father."



 The affectionate, gentle, profound expressions and story
devour me, heal my heart, encourage me a lot.
 I'm thinking about the meaning of those words all the time.

 I want every friend to feel the beauty of the passages,
and that's why I write about the book here.


☆★☆★

(上の文章の日本語訳)

 今、“The five people you meet in heaven”という本を読んでいます。
 私の好きな、ミッチ・アルボムさんという作家さんの書いた小説です。

 まだ全部読み終わったわけではないのですが
すでに、素晴らしい本に出会ってしまったと、感じています。
 忘れられない印象的な文章に、2度出会いました。

 それは、次の一節です。


「人生に、無駄な時間なんてない。
 もしあるとすれば、自分は孤独で独りぼっちだと考えてしまう時間。
それが、何よりも無駄なんだ。」


「どうか学んでほしいの。怒りを抱えることは、体に毒になるわ。
それはあなたを、内側から蝕んでいく。
憎しみは、敵を攻撃するための武器だと、私達は思ってしまうけれど、
本当は、憎しみは両刃の刃なの。
誰かを憎めば憎むほど、その傷は、私達に跳ね返ってくる。
 お願い。どうか、お父様を許してあげて。」


 優しさに満ちていて、深いメッセージの込められた物語と言葉が、
心を癒してくれて、勇気を与えてくれます。
 一つひとつの言葉の意味を考えてしまうような、そんな本です。 

 皆さんにも、この物語を知ってほしいと思って、
日記で紹介させていただきました^^


2011.02.07 Mon l 小説 l COM(0) l top ▲
41OdJoojiYL__SL500_AA300_.jpg

"Little Bee" Chris Cleave


 Couldn't stop reading in the last 100 pages.
 

 The story has 2 story-tellers - who has totally different backgrounds
except for the fact that they are both women, and have brave heart.


 One is a teenager girl called "Little Bee" (which is not her real name),
a refugee girl from Nigeria.
 Narrowly escaping from the savage invaders from petrol company,
(all of her family and village people were killed by them)
she learns "Queen's English" at the refugee's detention center
to protect herself to survive in UK.

 The way she talks is so sweet and lovely, full of wits,
but her destiny is too tragical and her traumatic past
is haunting her all the time.


 Another heroine is a 32-year-old woman called Sarah,
a fashion magazine editor, who's married and got an adorable son.
On the trip to Nigeria, her husband and she met Little Bee on the beach,
which changed the couple's life totally.
She sacrificed her middle finger to save Little Bee's life.



 There's supposed to be a tremendous ditch between the two women's world.
 Little Bee is from a small village in a "developing" nation,
and Sarah is from a "rich" country.
(...I know, the vocabularies sound really rude and snobbish,
but I didn't know what else to pick out. Sorry.)

 Their backgrounds, their way of thinking, their customs and culture...
All the things are different. They belong to the different world.

 Nevertheless, there's a strong ties between the two women.
That's why Sarah's son Charlie calls Little Bee "one of our family".
 How can it be possible?


 One reason is because Sarah hurt herself to save Little Bee's life.
 I've once heard somewhere that only human beings(out of all the animals)
can sacrifice themselves to rescue others.
 Even though Sarah meets Little Bee on the beach just by chance
and she has no conncection to her life,
Sarah just couldn't run away.



 Also, Little Bee's always kept Sarah in mind and wishes
to be any of her help to pay back what she has done to herself.
 Both women try to have relationship with the outside world.
That's what I really like about them.



 Mother Teresa once said, "Indifference is the saddest thing."
I thought the same thing too.
 When Lawrence(Sarah is having affair with him) tries to
give a threat to Little Bee,
she talks back at her and explodes her anger.

 And then, Lawrence looked surprised.
He says, "I've been thinking what is best for me and Sarah,
but never thought about what you'd do."

 ...There. That's the point.
Maybe, people in the developed world think that
African people have no emotion.
 They've never thought of being attacked back by them,
or being accused by them,
because they overtrust their superiority.

 The selfish arrogance(of Lawrence) made me mad,
at the same time, I couldn't stop wondering
our convenient life is going on smoothly thanks to those resources
we've got(=we took away by force) from those countries.



 In order to make the "ditch" smaller, what we can do
is to talk, using words.
 English has a significant role in the story.
 Little Bee learns to talk in Queen's English,
while Sarah's always busy correcting Charlie's
wrong grammar.(that's cute.)
 Eventually, Little Bee was repatriated by UK government,
but Sarah tries to write a book and tell the world the truth.
 Words can have power to change the world.



 Sometimes I think English might be a world herritage,
because it enables us to talk to each other,
people from every parts of the world can share opinions together.
 When you can talk correctly, you can protect yourself.
 When you can exchange ideas, you can try to understand
somebody from the backside of the earth.
 The road is long and tough but we have to continue to "talk"
and keep on telling the world what's happening in the world
and tell the truth.


 At the same time, I also have to keep in mind
that English is not everything.  
Under the name of "Little Bee", her real Nigerian name
is hidden and she tries to kille her identity
to assimilate herself to UK.
 Words can save people but words can kill people too.  
 When everybody speaks English and forget their own language,
enriched minority cultures die and people will be deprived
of their pride and dignity.
 
 ...The story gives us a lot of themes to consider.




 It's really amazing that it was written by a male author,
because he knows how women feel under this circumstances.
 In this story, men characters are weak and selfish,
and women are strong, flexible and wise.
(I really like Little Bee's sister Nkiruka too!!
It was so heartbreaking how she is killed...)


2010.09.17 Fri l 小説 l COM(0) l top ▲
村上春樹さんの『1Q84』を読んで。


41wyR3LA5GL__SL160_.jpg



 私は本を読むスピードが、日本語でも英語でも極度に遅いのですが、
この本は魅力的で、3日で読破してしまいました^^

ネタバレはありません^^

ネタバレしないように書いたので、文章がやや抽象的で堅くなってしまいました。
 自分のメモのような日記なので、意味不明かも(>_<)
 それでもよかったら、読んで下さい^^

村上さんの小説で、私が今まで読んだことがあるのは、

「ノルウェイの森」
「ダンス・ダンス・ダンス」
「風の歌を聴け」
「スプートニクの恋人」
「レキシントンの幽霊」
「羊をめぐる冒険」
「海辺のカフカ」

です。このうち、「海辺のカフカ」は、かなり好きな作品ですが、
他の小説は、正直今まで、あまり好きではありませんでした
 今回読んだ「1Q84」は、「海辺のカフカ」と肩を並べるくらい、
大好きな作品となりました


☆★☆★☆


 この世の全ての事象には、何らかの「理由」が存在する。
 一般的には、そう考えられている。
 

 太陽はなぜ東から昇るのか。
 人はなぜ病気になるのか。
 人類はなぜ、猿から進化を遂げたのか。 


 そんな風にして、「なぜ?どうして?」と追求し続けた結果、
科学技術は発達し、人類は進歩を遂げ、豊かになり続けてきた。


 しかし、世の中には、理由を説明できないことも、多々存在する。


 人は、なぜ恋に落ちるのか。
 なぜ、理由も分からず、涙が出るのだろうか。
 なぜ、人は、突然変わってしまうのだろうか。
 科学的に存在を立証できないはずの神に対して、
なぜ私達は、心が弱い時に、祈らずにいられないのだろうか・・・。


 そういった人間の感情や行動を、
「脳内で起こる化学反応」「生命維持のための条件反射」と説明することは易しい。
 しかし、そんな分析をすることに、一体どんな意味があるのだろう。


 理由もなく存在する、圧倒的な「事実」そのもの。
 本人にさえ説明のできない、心。感情。

 私達生命あるものを突き動かし、人間を人間たらしめているものは、
実は何よりも、そういった目に見えないエネルギーに他ならないー。


 この小説『1Q84』は、全てを説明しておらず、解き明かされないままの謎が多い。
 「何を意味し、何を象徴するのか、作者の意図がわからない」という見方もできるだろう。


 私は、それでいいと思う。

 
 「何事にも原因と結果があるはずだ」
 「全ての神秘は、論理的思考に従えば、解明される」

 ・・・そう信じて疑わず、どんなことも「したり顔」で
“私は何でも知っています”と断言する人がいたとしたら、
胡散臭いことこの上ないし、多分私は憤りを感じてしまうだろう。
自分を全能と信じて疑わない、その傲慢さに対して。


 「努力すれば何事も成功する」・・・?
 「少ないコストで、最大限の成果を」・・・?
 「死んだ親友のことは、さっさと忘れて、勉強しなさい。
 いい大学に行って、いい会社に行って。高い年収を稼ぐの。
 悲しんでいる時間なんて、無駄。」


 ・・・そんな、わけが、ない。

 
 血のにじむような努力の先に、失敗と喪失しか待っていなかったこと。
 善悪・白黒の二元論では、定義づけのできない、あまりにも混沌とした、深い森のような世界。
 深い孤独と絶望を知るからこそ、たった一筋の光に自分の全てを投げだすことができる、純粋さ。


 「たった一人の人を心から愛することができれば、人生は無駄ではない」
 ・・・この物語の中で、私がとても好きな台詞である。
 この物語のメインテーマの一つであるラブストーリー(青豆さんと天吾くんの物語)は、
恋と孤独がどれほど隣り合わせのものなのかということを、教えてくれる。
 とてもロマンティックで、私は大好きになってしまいました^^



 「資本主義社会の限界」は、これまで村上さん以外にも、
多くの近現代文学作家が指摘・警告してきたテーマだと思います。
 夏目漱石とか、カフカの「変身」とか、カミュの「異邦人」(大好き!!)とか、
グレート・ギャツビーとかも、みんな、そう。
 
 頂点を目指すこと(=勝利、弱者の征服)の虚しさ、
自らの利益のためには、多少の犠牲(=環境破壊、貧富の格差増大など)は仕方がない、
という危険思想を、 今一度私達現代人は見直すべきだと感じました!!



 生きていく理由は、与えられて選ぶものではない。
 意味を見出していくのは、私達自身であるべきだ-。
 今、そう、強く、思います。



2009.09.20 Sun l 小説 l COM(0) l top ▲