FC2ブログ
31054V4TATL__SL500_AA192_.jpg


 “宮 ~Love in Palace~”
  :「もしも韓国にまだ王室が存在していたら…?」という奇想天外な設定で大ヒットした、
   韓国の少女マンガが原作のドラマ。



 はい。。こういうナンセンスな作品、好きですね~(笑)
 ノリで言えば、日本の「有閑倶楽部」や「山田太郎物語」のドラマ版に似てるかな??
 洋画では“Legally Blonde”のブッ飛びさ加減が、ちょうどこんな感じかも(笑)
 普通の女子高生が王子様と結婚することに!?…という展開は、
そのまま“Pretty Princess”にも当てはまるかもしれない。

 「あり得な~いっっ!!」って、思いっきりツッコミながら、
何となくワンパタな少女漫画っぽい展開で、安心して見ていられるというか(笑)
 ちょっぴりドジでおバカだけど、明るくまっすぐで、何よりもと~ってもキュートな
ヒロインの女の子に、自分を重ねて元気をもらったり(笑)。
 韓国ドラマって、たまにすご~く見たくなって、ハマっちゃいます(笑)


 このドラマの見どころは、何と言っても、宮廷のインテリアやファッションかな。
 宮廷の女性たちは、「チャングムの誓い」に出てくるものとほとんど同じ
ファッションをしているんだけど、
お着物の色とかヘアスタイルとか、とっても素敵なんですよね~
 よくよく見てみると、皇后さまが「左身ごろを上」にしてお着物を着こなしていて。
 これって、日本のお着物の着付けと基本が同じなんです。
 日本と韓国、やっぱり文化がつながっているんですね! 


 第1・2話を見て、覚えた韓国語は、お次の通り。

①クロムニョ~!
 :「もちろんよ」という意味だと思う。

②パンジー(「ジ」の音にアクセント)
 :「指輪」という意味。何度も出てくるから耳について覚えちゃった。

③デジャイナー
 :韓国語には、「ザジズゼゾ」の発音が存在しないため、
  外来語のz音は全て「ジャジジュジェジョ」に変化してしまう。」
  主人公の女の子は高校の美術科に通っているが、
  将来の夢が「デジャイナー」だと語っていたのは、そのためなんですね


 続きも楽しみです
スポンサーサイト



2008.04.16 Wed l ドラマ TB(0) l top ▲